ホーム > 息子 > 息子2歳の節分の思い出

息子2歳の節分の思い出

2歳の息子の節分は、思い出深いものになりました。最近、新聞などでも、鬼を怖がる子がいるため、「ソフト鬼」などあまり怖がらせない鬼で豆まきをすることが増えていることが話題になっていました。わたし、個人的には、鬼は、怖いものとして知ってもらうためにその必要はないのになぁと考えていました。2月3日の節分の日、うちの息子が通うこども園でも、豆まきのイベントがありました。迎えにいくと、先生が、「〇〇くん、怖がって、泣きましたよ!」と様子を教えてくれ、節分の行事を楽しんだのだなぁぐらいに思って帰りました。家でも、主人が鬼役をして、怖がって泣く息子の写真をとって、豆まきを楽しみました。わたしとしては、普通に楽しく節分を過ごしたつもりでした。ところが、その日の晩、息子、久々の夜泣き。そして、翌る日は、鬼がくるのではと怖がりこども園の教室に入らない事態に。なんとか先生に預けたものの、一日中、鬼を思い出しては泣き、「お家に帰りたいよー!」と言っていたそうです。そして、その日も夜泣き。。。教室になかなか入りたがらなかったり、鬼を思い出しては泣く日が4日ほど続くという事態に。まさか、こんなに尾をひくとは、思ってもおらず、思い出深いこととなりました。最近の、「ソフト鬼」にも妙に納得しました。

http://www.andreacastelfranato.com/